読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとどうかかわるか? (これまでの学習会)
Part1「被害と加害に向き合いながら」2013/02/23
山口由美子さん (佐賀バスジャック事件被害者)
(パネルディスカッション)山口由美さん/佐々木光明さん(研究者)/坪井節子さん(弁護士)
詳細
Part2「子どもたちの声なき声を聴く」2013/04/18
寺尾絢彦さん(元家庭裁判所調査官/ミーティングスペース・てらお主宰)
参加者によるディスカッション:「少年法を生み出した理念って?」
詳細
Part3「非行と向き合うための対話」2013/07/20
(お話:いじめと修復的対話)山下英三郎さん(元スクールソーシャルワーカー/日本社会事業大学名誉教授)
(コメント:少年法『改正』問題にひきつけて考える)佐々木光明さん(神戸学院大学教授)
詳細
院内集会ちょっと待って!少年法「改正」少年の心に寄り添う審判とは? 2013/11/06
~少年法の歴史を振り返りながら、あるべき審判の姿を探る~
多田元弁護士(愛知県弁護士会)/村井敏邦さん(研究者)/坪井節子弁護士(東京弁護士会)
詳細

子どもための少年法を! ~少年法「改正」について考える会~20121128

2012年11月28日開催


Live broadcast by Ustream

プログラム
1)少年法「改正」案 (法制審に諮問された要綱)の説明、少年法改正の経過
 (弁護士 角南和子)
2)少年法の理念と検察官関与等の問題点
 (大阪学院大学教授・弁護士 村井敏邦)
3)有志の会・呼び掛け人からの提言
 (日本社会事業大学名誉教授 山下英三郎) (弁護士 坪井節子)
4)会場発言・質疑応答
5)閉会のあいさつ
  (弁護士 平湯真人)
場所:弁護士会館5階508ABC室   
主催:少年法「改正」に反対する弁護士・研究者有志の会