読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとどうかかわるか? (これまでの学習会)
Part1「被害と加害に向き合いながら」2013/02/23
山口由美子さん (佐賀バスジャック事件被害者)
(パネルディスカッション)山口由美さん/佐々木光明さん(研究者)/坪井節子さん(弁護士)
詳細
Part2「子どもたちの声なき声を聴く」2013/04/18
寺尾絢彦さん(元家庭裁判所調査官/ミーティングスペース・てらお主宰)
参加者によるディスカッション:「少年法を生み出した理念って?」
詳細
Part3「非行と向き合うための対話」2013/07/20
(お話:いじめと修復的対話)山下英三郎さん(元スクールソーシャルワーカー/日本社会事業大学名誉教授)
(コメント:少年法『改正』問題にひきつけて考える)佐々木光明さん(神戸学院大学教授)
詳細
院内集会ちょっと待って!少年法「改正」少年の心に寄り添う審判とは? 2013/11/06
~少年法の歴史を振り返りながら、あるべき審判の姿を探る~
多田元弁護士(愛知県弁護士会)/村井敏邦さん(研究者)/坪井節子弁護士(東京弁護士会)
詳細

2013年11月6日 院内集会のお知らせ

ちょっと待って!少年法「改正」

2013年2月8日、法制審議会は、検察官関与拡大と少年法の有期刑引き上げを内容とする少年法改正案を採択し、法務大臣に答申しました。

その後、第183回国会、第184回国会ではこの法案が提出されることはなく、10月15日に始まった第185回国会においても、現時点で少年法改正法案は提出されていません。

しかしながら、既に法律案が作成されている以上、いつ提出されてもおかしくない状況であることに変わりはありません。

そこで、私たちは国会議員の方々にも問題意識を共有していただくために、院内集会を企画いたしました。

皆さま奮ってご参加ください。

日時:11月6日(水曜日)午前11時半~午後1時(11時15分開場)  

会場:参議院議員会館B109号

内容:少年の心に寄り添う審判とは?

   ~少年法の歴史を振り返りながら、あるべき審判の姿を探る~

   討論者:多田 元   弁護士(愛知県弁護士会

                        村井  敏那 大阪学院大学教授・弁護士(東京弁護士会

       坪井  節子 弁護士(東京弁護士会