読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとどうかかわるか? (これまでの学習会)
Part1「被害と加害に向き合いながら」2013/02/23
山口由美子さん (佐賀バスジャック事件被害者)
(パネルディスカッション)山口由美さん/佐々木光明さん(研究者)/坪井節子さん(弁護士)
詳細
Part2「子どもたちの声なき声を聴く」2013/04/18
寺尾絢彦さん(元家庭裁判所調査官/ミーティングスペース・てらお主宰)
参加者によるディスカッション:「少年法を生み出した理念って?」
詳細
Part3「非行と向き合うための対話」2013/07/20
(お話:いじめと修復的対話)山下英三郎さん(元スクールソーシャルワーカー/日本社会事業大学名誉教授)
(コメント:少年法『改正』問題にひきつけて考える)佐々木光明さん(神戸学院大学教授)
詳細
院内集会ちょっと待って!少年法「改正」少年の心に寄り添う審判とは? 2013/11/06
~少年法の歴史を振り返りながら、あるべき審判の姿を探る~
多田元弁護士(愛知県弁護士会)/村井敏邦さん(研究者)/坪井節子弁護士(東京弁護士会)
詳細

2014年2月18日緊急院内集会のご案内

 ちょっと待って!少年法「改正」PART2

2014年2月7日、安部内閣は、検察官関与拡大及び厳罰化を内容とする少年法「改正」法案を閣議決定しました。

私たちは、この法案が少年法の理念を根本から覆すことになってしまうと、繰り返し危険性を訴えてきましたが、特に問題のない法案としてスピード審議されそうである、3月の成立、4月からの施行が予定されているとの情報もあり、事態は極めて深刻です。

私たちは、いま一度、この法案の危険性を訴え、法案をこのまま成立させてはならないことを御理解いただくべく、緊急に院内集会を開催します。
是非ご参加いただき、子どもの権利保障のためにお力をお貸しください!!

日時:2014年2月18日午前11時半~午後1時

場所:参議院議員会館102会議室(地下鉄永田町駅から3分、国会議事堂駅から7分)

内容:検察官関与・厳罰化のたどる道

   ~この法案が成立した子どもたちはどうなるか?~

   ◎法案解説

   ◎片山徒有さんのお話(詳細)(被害者と司法を考える会代表)

   ◎参加議院からのご発言

   ◎各団体からのアピール

主催:少年法「改正」に反対する弁護士・研究者有志の会

共催:被害者と司法を考える会

   子どもと法・21

   青年法律家協会

 案内チラシ PDF 

※午前11時ころから参議院議員会館の入口ゲートのところで、通行証を配布します。

 通行証を受け取って会場に向かってください。

 会場には11時15分より入室可能です。